おすすめの記事
スポンサーリンク

非常事態宣言が解除されて、全国各地への移動制限もなくなりました。
私は、7月の上旬に有馬温泉の旅館を予約していたのですが、営業再開が7月下旬まで延びてしまい残念ながらお預けとなりました。
旅館の経営も、安全と経営の板挟みのようで気の毒です。

今回は、このブログで紹介をしている記事で夏場に訪問するのにおすすめな温泉をピックアップしてみました。

北海道 屈斜路湖 砂湯

ここは、その名の通り屈斜路湖の湖畔の砂場を掘れば温泉が湧き出てきます。
砂は手でもい掘れるくらいきめ細やかです。
人気の観光スポットになっているので、裸で砂を掘ってここに浸かるのはまず無理です。
夏場に、水着を着て入浴するしか手がないので、夏場の温泉としておすすめします。

この温泉の訪問記事は、こちらをご参照ください。

近くには、「コタンの湯」という有名な野湯もあるのこちらも立ち寄りたいですね。
(コタンの湯に関してはこちらの記事をご覧ください)

東京都 江戸川区 乙女塚温泉

地下鉄東西線の「船堀駅」から徒歩で訪れることが出来る温泉です。
街中の銭湯に湧出る温泉で、真黒な色をしています。
源泉温度が、17.9度と低いので加温されていますが、実はこの銭湯には源泉をそのまま使った
源泉かけ流しの水風呂があるんです。
暑い夏の日になら、冷たい源泉風呂にも入浴出来るので真夏にぜひ訪問をしてみてください。

この温泉の訪問記事は、こちらをご参照ください。

長野県 白骨温泉 笹屋

避暑を兼ねて訪れてほしい温泉地のひとつが長野県と岐阜県の県境にある「白骨温泉」です。
部屋にクーラーはないけれど、快適に過ごすことが出来ます。
10部屋程度のこの宿は、日常の喧騒を忘れてゆっくりできます。
そして、なによりのおすすめは、あまり大きくはないですが白濁湯の大浴場です。
もしろん、宿泊者は無料で貸切露天風呂を利用することができます。

この温泉の訪問記事は、こちらをご参照ください。

沖縄県 琉球温泉 龍神の湯

数は少ないけれどリゾート地沖縄にも温泉はあります。
ここ「龍神の湯」は、多くの若者が訪れる那覇空港近くのアイランドリゾート「瀬長島ウミカジテラス」にあり、露天風呂からの眺めも最高です。
夏の沖縄旅行の思い出に温泉も加えてみてはいかがでしょうか。

この温泉の訪問記事は、こちらをご参照ください。

今年の夏は、新型コロナの影響で夏休みの計画も立てにくいかもしれませんが、日本全国、近くにも遠くにも温泉はあります。
コロナ疲れを温泉入浴で癒してみるものいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事